薬剤師~説明責任というプレッシャー~

薬剤師の仕事は、処方箋に記載されたお薬を患者さんに渡すだけではありません。
実は説明責任というプレッシャーを感じながら、薬剤師としての仕事に従事しているのです。
例えば患者さんに渡すお薬について、どのような効果があり、いつ服用し…万が一の副作用等々を、きちんと説明しなければなりません。
もし薬剤師の説明が患者さんに十分伝わらなかったとしたら、間違った服用によって副作用を引き起こす可能性も考えられます。
説明するのが苦手なら転職という選択肢も視野に入れておきましょう。薬剤師の仕事は、説明責任というプレッシャーをさらに感じながら従事しなければならないのです。