薬剤師は何歳まで働ける?

一生現役で働ける仕事って、魅力的ですよね。
薬剤師は、働く場所によって、定年に関係なく働いていける職種の一つです。
薬剤師になって、製薬会社に就職したり公務員として働く道を選んだりした場合は、組織の規定で定年退職となるでしょう。
しかし、ドラッグストアや調剤薬局で働く場合は、必ずしも定年はないことが多いようです。
雇用者との契約で、定年の歳を過ぎても長く働けるケースもあると聞きます。
また、独立して薬局を経営するようになれば、当然定年はなく、一生働けるのです。
将来的に自分の薬局を開業したいという思いから長年薬局に従事し、独立の為のノウハウを学ぶ人もいるようです。

消費を楽しむライフスタイルを!

国全体が急激に成長する時代は終わり、今は安定成長期の時代と言われています。
つまり、個人レベルでみた場合、給料がうなぎ登りに上がる時代は終わりを告げたわけです。
そうなると倹約生活を余儀なくされる人も増えると思います。
しかし、節約生活も度を過ぎると、気分が沈むものです。
それに生きていく上で、ある程度、消費をしていくのは避けられません。
適度に消費を楽しむライフスタイルを作りあげることが必要だと思います。
消費は自分の生活を彩るファッションアイテムのようなものです。
素敵なファッションになるか、ダサダサファッションになるかは本人次第。
つまり、消費にもセンスが必要なのです。
センスの良い消費スタイルを身につけたいですね。